1. HOME
  2. お知らせ
  3. 【CRE】東証一部上場企業との物流施設開発に関するプロジェクトマネジメント契約締結のお知らせ

NEWS

お知らせ

【CRE】東証一部上場企業との物流施設開発に関するプロジェクトマネジメント契約締結のお知らせ

2021年7月15日
ククレブ・アドバイザーズ株式会社

各 位

東証一部上場企業との物流施設開発に関するプロジェクトマネジメント契約締結のお知らせ

 

 

CRE戦略支援等を行うククレブ・アドバイザーズ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:宮寺之裕、以下「当社」)は、東証一部上場企業の土地有効活用案件において、物流施設開発に関するプロジェクトマネジメント契約(以下「本契約」)を締結致しましたので、ここにお知らせ致します。

 

当社では、昨今の企業における遊休地・低利用地に対するソリューションとして、テナントリーシングから開発に至るまでのワンストップソリューションを展開しており、すでに昨年度も東証一部上場企業の土地有効活用案件において、同様のソリューションによりすでに施設がオープンしておりますが、今回そのノウハウをさらに進化させ、新たに大手企業と物流施設開発に関するプロジェクト契約を締結致しました。

 

不動産(所有地)の有効活用は、以前から事業会社の経営課題として掲げられてきましたが、利用ニーズの掘出しや、プロジェクト全体の運営業務の内製化が難しいため、多くの企業でポテンシャルのある土地が依然として遊休化しているのが現状です。今回当社では、有効活用案件の所在する土地に対して、当社の開発した不動産テックシステムであるCCReB CREMa(不動産マッチングシステム)にストックされた物流賃借ニーズの情報をマッチさせることにより、効率的なソーシングを実現し、当社の持つCRE提案のノウハウにより有効活用案件の事業化に繋げました。なお、CCReB CREMaには金融機関、不動産仲介会社、ゼネコン、リース会社及び事業会社など約4,000件の各種不動産ニーズがストックされており、主に小規模(1,000坪5,000坪)な不動産のニーズのストックが日々増えている状況です。

 

今後も当社では、主力業務の不動産テックを企業の不動産ニーズに効率的に結び付ける流れをより強化し、よりデジタル化されたCRE戦略提案(デジタルCRE)を実現し、企業の不動産有効活用ニーズへ対応して参ります。

 

 

■ククレブ・アドバイザーズ株式会社について

設立:2019年7月

所在地:〒102-0084 東京都千代田区二番町9-3

資本金:2億円(資本準備金含む)

事業内容:AI・IoTを活用したCRE営業支援ツールの企画・開発・販売、

CREアドバイザリー業務、コンパクトCRE不動産投資・開発業務等

サイト:https://ccreb.jp/

 

■CCReB CREMaについて

不動産マッチングシステム“CCReB CREMa”とは、世の中の売買・賃貸・有効活用等の不動産ニーズをAI×IoTの仕組みを利用して効果的にマッチングさせるシステムです。当社が特に強みを持つ、インダストリアル不動産における情報ネットワークや立地・価格などに関する知見を活用することで、すでに不動産業界内で普及し始めている類似のマッチングシステムとは差別化されたシステムを構築しています。(インダストリアル不動産に限らず、オフィスや商業施設などの幅広いアセットカテゴリーにも対応しています。)

現在、各都道府県5社限定で登録無料にてユーザーを募集しており、地域により無料登録の枠も空きがございますので、詳細は下記お問合せ先よりお問い合わせください。

 

<本リリースに関するお問い合わせ>

ククレブ・アドバイザーズ株式会社 経営企画本部

E-mail: info@ccreb.jp

以 上

最新記事